宗教改革500年記念ポスター展「#HereIstand 我ここに立つ―マルティン・ルター、宗教改革とそれがもたらしたもの」

2017年3月末 - 未定 | 日本各地
宗教改革500年記念「#HereIstand ― マーティン・ルター、宗教改革とその成果」 画像を拡大 (© #HereIstand)

20171031日、マルティン・ルターの「95ヶ条の論題」の提示から500年を迎えます。

このポスター展は16世紀の大変革―宗教改革を、豊富なグラフィックやマンガ、写真を用いて解説しています。マルティン・ルターの生涯から始まって、宗教改革前の時代へと目を向け、そしてルターが贖宥状に対する95ヶ条の論題を提示した後に起こった宗教改革の波にも焦点をあて、宗教改革史の中心的な問題にも触れます。ルターの教義の何がいったい新しかったのか。1517年のヴィッテンベルクでは何が起こったのか。新たな教えはどのように広がっていったのか。学術的に裏付けられ、現代的でセンスよく仕上げられたインフォグラフィックが、宗教改革の歴史における重要な出来事と、今日にまで及ぶその影響を紹介しています。 宗教改革500年記念ポスター展「#HereIstand ― マーティン・ルター、宗教改革とその成果」 画像を拡大 (© #HereIstand)

日時
会場・イベント
3月30日~4月16日

国立国際美術館(大阪府)
「クラーナハ展 500年後の誘惑」会場 

5月9日~29日

三重大学附属図書館ロビー
5月14日~21日

日本福音ルーテル本郷教会・本郷学生センター  
(東京都)

6月1日~29日

奈良県立情報図書館3Fブリッジ

奈良県立図書情報館ではポスター展のそばに関連図書を陳列 画像を拡大 (© 奈良県立図書情報館)

奈良県立情報図書館では、宗教改革に関連する図書情報館所蔵の図書約400冊および古文書数点に加え、他館等が所蔵するマルティン・ルター関連図書や楽器「リュート」なども展示しています。

6月7日~11日

神奈川大学16号館セレストホールホワイエ

6月20日~26日

東北学院サテライトステーション内  展示コーナー
(宮城県)

7月1日~8月10日

神戸栄光教会
(兵庫県)

7月24日~31日
福井県立図書館エントランスホール
8月21日~9月1日

田川市役所
(福岡県)

9月30日~10月5日

日本福音ルーテル室園教会
(熊本県)

10月5日~24日
熊本市国際交流会館
(熊本県)
10月7日~12日
日本福音ルーテル熊本教会
(熊本県)
10月11日~14日
東京都港区立赤坂図書館
10月14日~19日
日本福音ルーテル健軍教会
(熊本県)
10月20日~26日
東京都港区立麻布図書館
10月21日~24日
ルーテル学院中学・高等学校
10月23日~11月5日
有田町役場庁舎町民ロビー
10月25日~28日
九州ルーテル学院大学(熊本県)

講演会&前夜祭

10月28日(土) 九州ルーテル学院大学チャペル
メンデルスゾーン交響曲第5番「宗教改革」上演
演奏:ラスカーら・オペラ管弦楽団

講演「宗教改革の現代的意義」
講師:江口再起(日本福音ルーテル教会牧師)
10月28日(土) 九州ルーテル学院大学食堂

詳細:日本福音ルーテル神水教会(角本) Tel.096-381-3989
10月29日~11月2日
日本福音ルーテル大江教会
(熊本県)
10月30日~11月10日

犬山市役所 1F市民プラザ・2F市民交流ロビー
(愛知県)

11月4日~9日
日本福音ルーテル神水教会
(熊本県)
11月6日~17日
金沢大学附属図書館
(石川県)
11月8日~17日
福岡大学 文系センター1階「プラザ50」
11月10日(金)18.00~:特別記念講演会(金山正道先生) in 福岡大学中央図書館多目的ホール(予定)
11月11日~16日
日本福音ルーテル合志教会
(熊本県)
11月18日~23日
九州学院
(熊本県)
12月1日~26日
鹿児島大学附属図書館
日本各地巡回予定(日程が決まり次第、こちらでお知らせします)

宗教改革500年記念ポスター展「#HereIstand 我ここに立つ―マルティン・ルター、宗教改革とそれがもたらしたもの」

Das deutsche Model Julia Stegner,  das Gesicht der 5. Mercedes-Benz Fashion Week (PK am 29.06. am Berliner Bebelplatz)

イベント

宗教改革500年

Aufgeklappte Ortenburg-Bibel im Deutschen Historischen Museum

今から500年前の1517年10月31日、宗教学教授のマルティン・ルターがヴィッテンベルクの城内教会の扉に「95箇条の論題」を提示したと伝えられています。 このヴィッテンベルクの「論題の提示」は宗教改革の始まりと位置づけられています。その広範な宗教学的、文化的、政治的な結果を鑑みれば、2017年のこの500周年は教会上だけでなく、文化史の世界ランキングに挙げられる出来事です。