第2回パッシブハウス アジア・カンファレンス 2017 in 東京

2017年8月24日 - 2017年8月26日 | 東京都

「第1回パッシブハウス アジア・カンファレンス2016 in 青島」を経て、第2回目の今年は東京で開催となります。今年のテーマは「パッシブハウスの夏」。ドイツ・パッシブハウス研究所より夏のスペシャリスト(冷房・除湿負荷計算のプログラミングの専門家)であるユルゲン・シュニーダース(Juergen Schnieders)博士をお招きし、「パッシブハウスの夏」というテーマでご講演いただく他、私達に身近なアジア圏からゲストをお招きし、各国におけるパッシブハウスの取り組みについてのお話や、パネルディスカッションを行います。

高温多湿なアジアの気候に適した「パッシブハウス」のあり方をみなさんと模索、そして共有し、「パッシブハウス」をキーワードに、パッシブハウス・ジャパンはアジア圏の省エネエキスパート達とのコミュニケーションを開始します。

画像を拡大
画像を拡大

【日時】
2017年8月24(木)-26日(土)

8/24(木)     オプショナルツアー Part 1
8/25(金)     メイン・フォーラム 10:00~17:30 (受付9:30)
        イブニング・レセプション 18:30~20:30
8/26(土)     オプショナルツアー Part 2

【基調講演】
ユルゲン・シュニーダース博士(パッシブハウス研究所)
プロフィール:
1967年ドイツ生まれ。
太陽エネルギーと効率的なエネルギー利用に焦点を当てた物理学を学ぶ。1997年よりパッシブハウス研究所の研究員として在籍。2009年、「南西ヨーロッパにおける温暖地域のパッシブハウス」というテーマで博士号取得。現在、PHPPの冷房負荷・除湿負荷計算のプログラミングを担当している。

主な専門分野:
・パッシブハウス設計のためのエネルギーバランスの検討と開発
・動的温熱シミュレーションソフトの開発と応用
・フィールドモニタリングデータの評価
・異なる地域や気候におけるパッシブハウス アプローチに関する調査

(PASSIVE HOUSE JAPAN ホームページより抜粋)

それぞれのプログラム詳細、申し込みに関しては下記リンク先HPをご覧ください。

PASSIVE HOUSE JAPAN

第2回パッシブハウス アジア・カンファレンス

Das deutsche Model Julia Stegner,  das Gesicht der 5. Mercedes-Benz Fashion Week (PK am 29.06. am Berliner Bebelplatz)