Panorama der Stadt Bacharach mit Rhein und Reben, Oberes Mittelrheintal...

ドイツ連邦共和国大使館・総領事館のホームページへようこそ

ドイツ大使館並びにドイツ総領事館は10月3日(火)と10月9日(月)休館いたします。

パネルディスカッション ドイツ連邦議会選挙2017

9月24日(日)、ドイツ連邦議会選挙が行われます。 これに伴い、9月29日(金)にゲーテインスティトゥート東京で、パネルディスカッションが開催されます。海外特派員を迎え、アクチュアルな報告やコメントと共にドイツ連邦議会選挙の結果を分析し、評価します。

セミナー「連邦議会選挙後のドイツ ― 政治・経済政策の方向性」

9月24日にドイツでは連邦議会選挙が行われました。この連邦議会選挙結果に対する分析と見通しについて、10月3日(火)12時15分より、ヴォルフガング・ティーフェンゼー テューリンゲン州 経済・科学・デジタル社会大臣(SPD)とハンス・カール・フォン・ヴェアテルン 駐日ドイツ連邦共和国大使が、経済産業研究所(RIETI)のBBLセミナーで話をいたします。

DJW シンポジウム 「水素エネルギー 社会-ビジョンは現実となり得るか?日独における萌芽-」

水素はエネルギー源として、低炭素社会における輸送や貯蔵、エネルギー供給のためにどのように活用することができるでしょうか? 10月2日、日独産業協会は日本工業倶楽部において、水素エネルギー社会をテーマとするシンポジウムを開催します。ヴォルフガング・ティーフェンゼー テューリンゲン州 経済・科学・デジタル社会大臣、中鉢 良治 産業技術総合研究所(AIST)理事長をはじめ、ハイレベルな産官学の代表が登...

北朝鮮ミサイル発射に関するジグマー・ガブリエル外務大臣発言

ジグマー・ガブリエルドイツ連邦共和国外務大臣は、15日、北朝鮮によるミサイル発射について次のように述べました。「北朝鮮は、近隣諸国並びに国際海上・航空交通を直接的に脅かす傍若無人なミサイル発射・核実験をやめようとしない。今回同国はまたもや弾道ミサイルを発射し、日本領域上空を通過させたが、これをここに厳重に非難する。(・・・続く)」

MOOC „Climate Change, Risks and Challenges“

The WWF Germany and the Deutsches Klima-Konsortium launch 'Climate Change, Risks and Challenges', a free online course

WWF Germany and the research association DKK (Deutsche Klima-Konsortium) have edited climate science in a concise and intriguing way and set up an online series of lectures on "Climate Change, Risks and Challenges". The Climate Course gives an overview about the many facets on climate science and is for everyone who wants to learn more about climate change and how to minimize the carbon footprint. It is designed for students, teachers as well as scientific staff, authorities, business companies, decision makers, editors and press.

Logo der deutschen Sicherheitsratskandidatur

国連安保理非常任理事国選挙へのドイツの立候補(任期2019年-2020年)

ドイツは国連安全保障理事会の非常任理事国選挙に立候補します。2016年6月27日、当時のシュタインマイヤー外務大臣はハンブルクで、2019年-2020年の任期への立候補を表明しました。選挙は2018年6月に国連総会で行われる見通しです。

Aufgeklappte Ortenburg-Bibel im Deutschen Historischen Museum

宗教改革500年

今から500年前の1517年10月31日、宗教学教授のマルティン・ルターがヴィッテンベルクの城内教会の扉に「95箇条の論題」を提示したと伝えられています。 このヴィッテンベルクの「論題の提示」は宗教改革の始まりと位置づけられています。その広範な宗教学的、文化的、政治的な結果を鑑みれば、2017年のこの500周年は教会上だけでなく、文化史の世界ランキングに挙げられる出来事です。

大使と各担当部署

大使館の各部署の業務内容および担当者をご紹介します。

職員募集のお知らせ

在京ドイツ連邦共和国大使館は、2017年11月1日を業務開始日として広報部の現地職員(男女不問)を1名、1年間の有期雇用として募集します。

よくある質問 (Q&A)

問い合わせの多い質問を掲載しています。大使館、総領事館、各名誉領事事務所に電話、メール等でお問い合わせをされる前に、当ウェブサイト内の各説明をよくお読みください。

刊行物

ドイツ外務省、ドイツ大使館は様々なドイツについての資料を提供しています。当館より入手可能な資料の取り寄せについてはこちらをご参照ください。