1. Mourning ceremony near the Babi Yar ravine in Kiev バビ・ヤールの犠牲者を悼む
  2. General Debate of the 71st Session of the United Nations General 国連総会 シュタインマイヤー外務大臣一般討論演説
  3. Summit Migration along the Balkan route in Vienna メルケル首相 西バルカン諸国首脳会議に出席
Mourning ceremony near the Babi Yar ravine in Kiev

バビ・ヤールの犠牲者を悼む

ヨアヒム・ガウク大統領はバビ・ヤール虐殺から75年目の日にあたる9月29日に行われた慰霊行事において、次のように語りました。 「自らの歴史に向き合い、覚悟をもって事実を直視し、目を背けず自らの罪と過ちを見つめるプロセスは世代を超えて続きます。これは、ドイツのあり方に影響を与え、戦後多くの年月が過ぎた今日もまだ終わっていないプロセスなのです。」

General Debate of the 71st Session of the United Nations General

国連総会 シュタインマイヤー外務大臣一般討論演説

9月23日、シュタインマイヤー外務大臣は国連総会にて一般討論演説を行いました。大臣は国際政治を動かす緊迫した紛争について言及し、外交の重要性について訴えました。

Summit Migration along the Balkan route in Vienna

メルケル首相 西バルカン諸国首脳会議に出席

メルケル首相は西バルカン諸国首脳会議に出席後、11ヶ月前と比べ流入する難民の数は減少しており、また難民申請プロセスの体制と管理運営にも改善が見られ、不法移民問題は解決に向けて進展していると述べました。

ドイツ大使館並びにドイツ総領事館は10月3日(月)10月10日(月)休館いたします。

Joachim Gauck, Offizielles Foto des Bundespräsidenten

2016年 ドイツ統一記念日に寄せて

1989年から1990年にかけ、民主主義は各地で勝利を謳歌しましたが、今日では世界の多くの地域で、これまで獲得されてきた成果が失われかねない状況にあります。しかしドイツが意欲をそがれることはありません。関係各国と協力し、責任を担い、人権を守っていく用意があります。

日独シンポジウム IoT/I4.0協力

日独両政府は、製造業におけるIoT/インダストリー4.0分野の連携・協力を推進しています。 10月5日に開催される本シンポジウムでは、両国政府の担当局長等が、デジタル政策、サイバーセキュリティ政策、標準化、研究開発等の最新情報と今後の方向性を論じます。

日独エネルギー変革評議会(GJETC) 設立

日本とドイツは、エネルギー・環境政策の分野において、今後より一層連携を強化します。 9月27日に東京で設立された日独エネルギー変革評議会(GJETC)は、中立的かつ科学的な分析を通じて、政府間レベルでの連携を補完するもので、エネルギー転換の推進に向けた安全でより効率的な新たな道を見出すことを目的としています。

Steinmeier reist nach New York

シリア内戦: 支援車両への攻撃「卑劣極まりない」

シュタインマイヤードイツ外務大臣は、シリアで支援物資を運ぶ車列に加えられた攻撃を「卑劣極まりない」と非難しました。また、「この数日の急速な事態悪化を収束しようと進む取組みが奏功してほしいが、現時点では確信をもてない」と述べました。

(© Simple Show)

EU Climate Diplomacy Week : ビデオ「カーボンフットプリントとは?」

9月12日~18日は、EU Climate Diplomacy Weekです。今一度、環境保護について考えてみませんか?

このビデオでは、温室効果ガス排出量を示す「カーボンフットプリント」について1分30秒で分かりやすく説明しています。

グレーエ連邦保健大臣、ドイツ大使公邸でのレセプションに参加

9月13日、ヘルマン・グレーエ連邦保健大臣(写真左)と塩崎恭久厚生労働大臣(右)は、ドイツ 大使公邸において「国際保健と技術革新」をテーマとする対話の催しに参加しました。成功裏に開催されたG7神戸保健大臣会合に続いて両大臣が顔を合わせた この催しは、社会の高齢化だけでなくヘルスケアビジネス・研究においても世界のフロントランナーである日独両国の交流の緊密さを改めて表す機会となりまし た。

ドイツ政府、北朝鮮の核実験を非難

ザイベルト ドイツ政府報道官は9日、北朝鮮による核実験をドイツ政府は断固として非難すると述べました。

雑 誌「DE」

最新号の特集テーマ「教育はどのようにして世界中の人を結びつけるのか」では、国際的な知識ネットワーク化の先導役ドイツが、世界中のパー トナー大学と膨大な数の協定を結び、世界に大きく門戸を開いている姿や、また、国際的に高く評価されているドイツの職業教育制度の1つであるデュアルシ ステムの諸外国での受容の様子について取り上げています。

第15回アジア太平洋会議(APK)

11月3日から5日にかけてアジア太平洋会議が開催されます。 このAPKドイツ産業によるアジア太平洋会議(APK)はドイツとアジア太平洋地域のビジネスリーダー、エグゼクティブ、政府代表者にとって様々な 議論を展開し、欧州最大の経済国ドイツと、世界で最も急成長を遂げているアジア太平洋地域との経済関係を促進する最も重要なイベントと認められています。現在、参加申し込みを受付中です。

「ドイツの実情」

「ドイツの実情」がリニューアル

ドイツのことで知りたいことがあるのなら、「ドイツの実情」を是非ご覧ください。政治システム、外交政策、経済、芸術や文化など、これ以外のテーマについても、リニューアルしたオンライン版「ドイツの実情」は、写真やチャート図、動画などを使ってドイツの現状を19の言語で解説しています。 「ドイツの実情」は冊子以外にも、オンライン、PDFで提供しています。

ドイツの天気と時刻

Berlin:
18:48:49
ドイツ気象庁

スタッフ募集-大阪ドイツ文化センター

よくある質問 (Q&A)

問い合わせの多い質問を掲載しています。大使館、総領事館、各名誉領事事務所に電話、メール等でお問い合わせをされる前に、当ウェブサイト内の各説明をよくお読みください。

大使と各担当部署

ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン大使

大使館の各部署の業務内容および担当者をご紹介します。

総領事と各担当部署

ヴェルナー・ケーラー総領事

総領事館の各部署の業務内容と担当者、またその活動をご紹介します。

www.young-germany.jp

    トラベルガイドでは分からない、実体験に基づいた現地事情ご紹介。「大使館ネコの気まぐれブログ」も好評連載中!

刊行物

ドイツ外務省、ドイツ大使館は様々なドイツについての資料を提供しています。当館より入手可能な資料の取り寄せについてはこちらをご参照ください。

Germany Trade & Invest (ドイツ貿易・投資振興機関)

Germany Trade and Invest

Germany Trade & Invest は、ドイツ連邦共和国の経済振興機関です。経済およびテクノロジー拠点としてのドイツを海外へ促進するとともに、在ドイツ企業に海外市場情報を提供しており、日本にも事務所を置いています。