1. EU-Gipfel zum 60. Jubiläum Römische Verträge ローマ条約 締結60周年
  2. Vereidigung von Bundespr�sident Frank-Walter Steinmeier シュタインマイヤー大統領 就任宣誓
  3. IT fair CeBiT - Welcome tour CeBIT2017 パートナー国 日本
EU-Gipfel zum 60. Jubiläum Römische Verträge

ローマ条約 締結60周年

3月25日(土)、ローマ条約60周年の記念式典がローマで開かれ、EU加盟国(英国を除く)27カ国の首脳が出席し、共同宣言が発表されました。ローマ条約は、当時のドイツ、フランス、イタリア、ベルギー、オランダ、そしてルクセンブルクの6カ国により1957年3月25日にローマで調印されました。この条約により欧州経済共同体と欧州原子力共同体の設立が取り決められ、欧州石炭鉄鋼共同体と併せて今日のEU(欧州連合)の礎が築かれました。

Vereidigung von Bundespr�sident Frank-Walter Steinmeier

シュタインマイヤー大統領 就任宣誓

シュタインマイヤー大統領は3月22日12時に、就任の宣誓を行いました。宣誓は、連邦議会・連邦参議院の両院合同会議において行われ、その様子はテレビやインターネットで中継されました。

IT fair CeBiT - Welcome tour

CeBIT2017 パートナー国 日本

3月20日~24日まで、ハノーファーで世界最大の情報技術国際見本市「CeBIT 2017」が「d!conomy – no limits」をテーマに開催されています。 初日にはメルケル首相が今年のパートナー国をつとめる日本の安倍首相と共に訪れました。メルケル首相は、「すでに緊密である日本との協力関係を今後もより強化していきたい。特に日独両国は、中小企業が成長してゆく条件をどのように改善できるかという点において、意見交換をすることが出来る。」と述べました。CeBIT2017には70カ国から約3000の出展者が参加し、5日間の期間中に約20万人もの人が訪れると見込まれています。

ローマ条約60周年に寄せて ガブリエル大臣寄稿

今日のEUの礎となったローマ条約は、1957年3月25日にベルギー、フランス、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、そしてドイツ(当時は西ドイツ)の6カ国によって調印されました。 2017年3月25日、調印から60周年を迎えるにあたり、ガブリエル外務大臣が寄稿しました。

Revision im Atomkraftwerk Grafenrheinfeld

ウィーン国際機関ドイツ代表部のドイブレ大使ら国際原子力機関の理事計5名が訪日

ウィーン国際機関ドイツ代表部のドイブレ大使を含む、国際原子力機関の理事計5名が訪日し、武井俊輔外務大臣政務官を表敬訪問しました。

人工知能研究分野における日独協力(理研AIP、ベルリンビッグデータセンター)

315日、理化学研究所革新知能統合研究センター(AIP)ベルリンビッグデータセンター(BBDC)は在日ドイツ大使館にて、両センター間の人工知能の研究協力を進めるとの覚書に署名しました。

本覚書では、両機関の間で研究資料の交換、人材交流、合同シンポジウム等の開催などを通じ、機械学習を中心とした研究分野の国際連携を促進することとしています。

ハロードイツ 2017

今年も「ハロードイツ」が開催されます! 本プログラムは日独の若者(18歳~30歳)40名を対象にした、普段とは少し異なった角度からドイツを知ることができるプログラムです。   この独日青少年協会主催の交流プログラムは毎年ドイツと日本で交互に開催され、日独ユースサミットをメインプログラムとしています。2017年にはドイツを開催国とする、「ハロードイツ2017」が行われます。 観光旅行ではすること...

Aufgeklappte Ortenburg-Bibel im Deutschen Historischen Museum

宗教改革500年

今から500年前の1517年10月31日、宗教学教授のマルティン・ルターがヴィッテンベルクの城内教会の扉に「95箇条の論題」を提示したと伝えられています。 このヴィッテンベルクの「論題の提示」は宗教改革の始まりと位置づけられています。その広範な宗教学的、文化的、政治的な結果を鑑みれば、2017年のこの500周年は教会上だけでなく、文化史の世界ランキングに挙げられる出来事です。

雑 誌「DE」

本号の特集テーマ「トレンド&未来展望」では、ドイツで生まれている様々な新しい潮流をご紹介。大都会はスマートシティに生まれ変わり、デジタル革命が画期的な方法で従来の教育方法を活性化しつつある様子をレポート。また、大昔からドイツ人の憧れをかきたててきた「森」に潜入、ドイツ人と森の深い関わりについて取り上げています。 *読者の皆様に親しまれてきました雑誌「DE」日本語版の提供を2016年3号をもちまして終了することになりました。今後、記事の一部をYoung Germany上にオンラインで提供いたします。

「ドイツの実情」

「ドイツの実情」がリニューアル

ドイツのことで知りたいことがあるのなら、「ドイツの実情」を是非ご覧ください。政治システム、外交政策、経済、芸術や文化など、これ以外のテーマについても、リニューアルしたオンライン版「ドイツの実情」は、写真やチャート図、動画などを使ってドイツの現状を19の言語で解説しています。 「ドイツの実情」は冊子以外にも、オンライン、PDFで提供しています。

ドイツの天気と時刻

Berlin:
19:41:30 5 °C
ドイツ気象庁

研修生募集のお知らせ(ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京)

ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京では研修生1名を募集しています。

G20議長国ドイツ

Kreuzknoten als Symbol für den G20-Gipfel in Hamburg

ドイツは2017年G20議長国です。国家・政府の首脳並びに国際機関の代表によるサミットが2017年7月7日、8日にドイツのハンブルクで開催されます。

よくある質問 (Q&A)

問い合わせの多い質問を掲載しています。大使館、総領事館、各名誉領事事務所に電話、メール等でお問い合わせをされる前に、当ウェブサイト内の各説明をよくお読みください。

大使と各担当部署

大使館の各部署の業務内容および担当者をご紹介します。

www.young-germany.jp

    トラベルガイドでは分からない、実体験に基づいた現地事情ご紹介。「大使館ネコの気まぐれブログ」も好評連載中!

刊行物

ドイツ外務省、ドイツ大使館は様々なドイツについての資料を提供しています。当館より入手可能な資料の取り寄せについてはこちらをご参照ください。

ドイツ貿易・投資振興機関

Neues Logo Germany Trade and Invest (GTAI)

ドイツ貿易・投資振興機関(Germany Trade & Invest)はドイツ連邦共和国の経済振興公社です。当機関はドイツにおける雇用を確保および創出することにより経済立地としてのドイツを強化しています。また、世界各国50ヶ所以上に拠点をおくパートナーとのネットワークを持ち、ドイツ系企業が海外へのビジネス展開をする際の支援の他、海外企業のドイツ進出のためにドイツを紹介し、進出事業計画実現へのサポートを提供しています。