Podolski besucht die BOtschaft Tokyo

ドイツ連邦共和国大使館・総領事館のホームページへようこそ

「わたしのドイツ」2017 受賞者発表

第10回目を迎えた今年は「カラフルドイツ」をテーマに作品を募集し、計1122点(小学生の部 811点、中学生の部 311点)ものご応募をいただきました。大使館職員らの投票により、各賞の受賞者が決定しました。どうぞご覧ください。

Aufgeklappte Ortenburg-Bibel im Deutschen Historischen Museum

宗教改革500年

今から500年前の1517年10月31日、宗教学教授のマルティン・ルターがヴィッテンベルクの城内教会の扉に「95箇条の論題」を提示したと伝えられています。 このヴィッテンベルクの「論題の提示」は宗教改革の始まりと位置づけられています。その広範な宗教学的、文化的、政治的な結果を鑑みれば、2017年のこの500周年は教会上だけでなく、文化史の世界ランキングに挙げられる出来事です。

日独シンポジウム「運転支援システムおよび自動運転:学術界・産業界からの視点」

ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京(DWIH東京)と慶應義塾大学 SFC研究所 ドローン社会共創コンソーシアムの共同シンポジウム「運転支援システムおよび自動運転:学術界・産業界からの視点」(2017年11月15日、慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホールにて)は、自動運転の鍵となる運転支援システムの発展におけるドイツと日本の進捗状況に焦点を当て、日独のベテランおよび若手研究者ならびにその他の専門家が交流し、最先端技術と最新の研究開発動向について意見交換する場を提供します。

第13回 日独産業フォーラム 2017 (JGIF) 

2017年11月21日(火)、ドイツ貿易・投資振興機関(Germany Trade & Invest)による第13回日独産業フォーラム2017が東京にて開催されます。今年度は「規制緩和から統合(インテグレーション)まで- 進化を続けるエネルギー市場」というテーマのもとに、エネルギー産業にフォーカスをおき、日独の産業にとって需要高いポジションに目をつけ、ビジネスを切 り開いていく道を見出すためのフォーラムを開催します。エネルギー分野で活躍する日独の企業・産業団体代表からのプレゼンテーションにより、両国の市場傾 向やビジネスチャンスを紹介する他、ドイツの投資事情(ドイツ経済事情、法的・税制枠組みの基礎知識、投資優遇助成金制度、日系企業のためのドイツ進出基 礎知識など)の講演を通じて、ビジネス・投資ロケーションとしての欧州ドイツの魅力を紹介します。

ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2018」募集

ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞」は、日独間の産学連携を促進することと優れた日本の若手研究者の支援を目的として、技術 革新を重視するドイツ企業により創設され、4分野(材料、デジタル化とモビリティ、エネルギー、ライフサイエンス)における日本の45歳以下の若手研 究者による革新的で応用志向型の研究を募集いたします。応募締め切りは2018年1月9日まで。

MOOC „Climate Change, Risks and Challenges“

The WWF Germany and the Deutsches Klima-Konsortium launch 'Climate Change, Risks and Challenges', a free online course

WWF Germany and the research association DKK (Deutsche Klima-Konsortium) have edited climate science in a concise and intriguing way and set up an online series of lectures on "Climate Change, Risks and Challenges". The Climate Course gives an overview about the many facets on climate science and is for everyone who wants to learn more about climate change and how to minimize the carbon footprint. It is designed for students, teachers as well as scientific staff, authorities, business companies, decision makers, editors and press.

Logo der deutschen Sicherheitsratskandidatur

国連安保理非常任理事国選挙へのドイツの立候補(任期2019年-2020年)

ドイツは国連安全保障理事会の非常任理事国選挙に立候補します。2016年6月27日、当時のシュタインマイヤー外務大臣はハンブルクで、2019年-2020年の任期への立候補を表明しました。選挙は2018年6月に国連総会で行われる見通しです。

大使と各担当部署

大使館の各部署の業務内容および担当者をご紹介します。

職員公募

大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館は201831日を業務開始日とし、翻訳通訳職員として現地職員(男女不問)を1名募集します。

よくある質問 (Q&A)

問い合わせの多い質問を掲載しています。大使館、総領事館、各名誉領事事務所に電話、メール等でお問い合わせをされる前に、当ウェブサイト内の各説明をよくお読みください。

刊行物

ドイツ外務省、ドイツ大使館は様々なドイツについての資料を提供しています。当館より入手可能な資料の取り寄せについてはこちらをご参照ください。