ドイツのクリスマス・マーケット

画像を拡大 (© picture-alliance/dpa) クリスマス前のアドベントになると、ドイツではどこへ行っても、町の中心には必ずクリスマス風の飾り付けをしたかわいらしい屋台が並んでいて、グリューワインやレープクーヘンが売られています。ドイツ観光局によると、クリスマスマーケットの数は大都市だけでも2,500を数えるということです。ドイツ人にとっても、海外からの観光客にとってもクリスマスマーケットめぐりは、一度は行ってみる価値があります。

ドイツ最初のクリスマスマーケットとして歴史的に証明されているのは、現在恐らく最も有名なニュルンベルクのものではなく、1393年に行われたフランクフルト・アム・マインのクリスマスマーケットです。但し当時のクリスマスマーケットは、今日のようなものではありませんでした。それは、主に厳しい冬の来る前に日用品を売買する最期の機会でした。

クリスマスマーケットが、今日のように様々なクリスマスのデコレーション、地域の芸術品、そしてパン菓子や手仕事で作られたおもちゃ、またクリスマスの音楽で彩られるものとなったのはずっと時代の下がった19世紀になってからでした。今日では、11月末からドイツ全土がクリスマスの装飾の眩い光に輝きます。町の中心部は華やかな装飾に彩られ、そしてライトチェーンと華やかに飾られたクリスマスツリーの輝きに煌きます。

ドイツでは2,500以上のクリスマスマーケットが開催され、人々を引き付けると共にアドヴェントの時期をロマンチックな一時へと変えるのです。毎年、何百万もの人々が、食欲をそそるレープクーヘンやグリューワイン、焼き栗と焼きアーモンドの香りに誘われてやってきます。

Eine Familie auf dem Weihnachtsmarkt 画像を拡大 (© picture-alliance/Helga Lade Fotoagentur GmbH, Ger) クリスマスマーケットでは様々な地方色豊かなものが提供されます。その中心となるのが手仕事で制作されたクリスマスオーナメントで、その家に伝統として何世代にも渡って受け継がれたものも多いのです。それは煙出し人形、木製のくるみ割り人形、クリスマスピラミッド、クリッペ、制作と絵付けが全て手作りのガラス玉などです。またクリスマスに欠かせないのが、ニュルンベルクのレープクーヘン、アーヘンのプリンテン、ドレスデンのクリストシュトレンそして肉桂入りの星型クッキーなどのその地方独特の焼き菓子です。

ドイツで一番有名なクリスマスマーケットは、やはりニュルンベルクの「クリストキンドレスマルクト」です。主催者の発表では、毎年このマーケットには200万を越える人が訪れ、レープクーヘンやシナモンの香りを楽しみ、小ぶりのニュルンベルガーソーセージを食べ、香ばしい焼きアーモンドをほおばり、グリューワインを飲んでクリスマス気分を満喫します。

クリスマスマーケットの期間は11月末の週末からクリスマス前までの4週間が一般的で12月24日には終わっているところがほとんどです。

クリスマス・マーケット

Geschmücker Weihnachtsbaum im KaDeWe Berlin

ドイツのクリスマス風景

各地のクリスマス・マーケット

"Sühler Chrisamelmart" in Suhl

このアドヴェントの時期、クリスマスらしくデコレーションされたグリューワインやレープクーヘンの屋台のない街なんて、ドイツにはありません。ドイツ観光局によると、大きな都市だけでも、2500ものクリスマス・マーケットが開催されています。