ドイツで学び、働く

Make it in germany 画像を拡大 (© BMWi)

ドイツでの労働許可

欧州連合(EU)ないしは欧州経済領域(EEA)の加盟国やスイス以外の国籍を有する人が、就労目的でドイツに滞在する場合、滞在許可が必要となります。したがって、ドイツ国内における就労は、これを許可する滞在許可があってはじめて可能となります。オーストラリア、イスラエル、日本、カナダ、韓国、ニュージーランド、米国の国籍を有する人は、ドイツ入国後に管轄の外国人局で必要な滞在許可を取得することができます。この際注意しなくてはならないのは、予定していた仕事は滞在許可の発給を受けてはじめて開始できる、ということです。上記の国以外の国籍を有する人は、ドイツ入国前に、居住地を管轄するドイツの在外公館で必要なビザを申請しなくてはなりません。

1973年にドイツ政府が決定した外国人労働者募集停止に伴い、EU・EEA加盟国並びにスイス以外の国籍を有する人の就労は法律(就労規則)により制限されています。ドイツにおける就労は原則として特定の職種に限られ、通常は労働局による事前の許可が必要とされています。

外国人労働者募集に関する詳しい情報は、連邦内務省ホームページの下記サイトをご参照ください:

www.zuwanderung.de (英語版あり)

専門的・技術的資格を有しないか、または低度の資格しかない人については募集停止は継続されていて、就労の可能性は極めて限られています。

研究者など高度な専門的資格を有する外国人に関しては、ドイツでの永住も視野に入れた移住が法律的に可能です。

認定を受けた大学卒業資格またはドイツの大学卒業資格と同等の大学卒業資格を有する人については、2012年8月1日より就労許可の手続きが簡略化されます。これは「EUブルーカード」規定により可能となりました。そのためには、取得資格の証明のほか、年間44,800ユーロ以上の税込み給与を保証する具体的な就職の可能性を証明することが必要です。この場合、連邦雇用庁の許可は必要としません。

数学、情報処理、自然科学、工学分野の専門職及び医師に関しては、国内の同等の職種の人と同程度の収入(ただし年間34,944ユーロ以上の収入)があれば、手続き簡略化措置と「EUブルーカード」規定が適用されます。この場合、連邦雇用庁の就労許可が必要となります。

就労許可手続きの簡略化は、例えば、学者・研究者、高度資格所有者、団体・組織の役員、管理職、専門家などにも適用されます。

これに関する詳しい情報は下記の連邦雇用庁のホームページをご参照ください。

www.arbeitsagentur.de (英語版あり)

連邦雇用庁のホームページでは、就労許可取得の可能性を簡単に調べることができるチェックプログラムが利用できます。(Migration Check) 

ドイツでの職業研修

EU・EEA加盟国並びにスイス以外の国籍を有する人は、ドイツにおける企業内職業研修についても、滞在許可を取得することができます。これについては、連邦雇用庁の許可が必要です。この許可に際しては、当該の職業研修ポストに対しドイツ国内で他にドイツ人または優先権を持つ外国人の応募者がいるかどうかについて審査が行われます。

国外にあるドイツの学校の卒業生で、国で認定されたか、あるいは同等とされた職業研修の職種において専門的な企業内職業研修を受けようとする人については、連邦雇用庁の承認なしに、滞在許可を取得することができます。 

ドイツにおける求職活動

2012年8月1日からは、ドイツの大学卒業資格、あるいは認定またはドイツの大学卒業資格と同等とされた外国の大学卒業資格を有する人に関し、求職活動のための入国が可能となります。求職活動ビザにより、最長6ヶ月間滞在し、就業先を探すことができます。この手続きには、卒業証明のほかに、滞在予定期間中の生活費等を自弁できる経済的能力の証明が必要になります。求職活動期間中の就労または自営活動は認められません。 

職業紹介

国際職業紹介及び専門職仲介を担当する中央職業紹介所(ZAV)は、連邦雇用庁の国外向け求職相談並びに職業紹介事業を実施しています。ZAVは世界各地に提携パートナーを持ち、EU労働市場内のさまざまなネットワークのパートナーとして長年にわたり活動しています。 

EURES (European Employment Services)

欧州雇用サービス(EURES)は、働く人と企業の双方に対する情報提供、相談・職業紹介業務を通じて、欧州労働市場の活性化を支えています。EURESは、欧州委員会のほか、EU・EEA加盟国やスイスの労働局が参加する提携ネットワークです。国内の労働局に配置されたEURES相談員は、ドイツにおける就職の可能性や生活環境及び労働条件について情報を提供しています。相談員たちは求人情報に直接アクセスでき、ドイツ国内の求人担当者と協力して業務を行っています。 

ドイツで学び、働く

「ドイツで学び、働く」に関しては、上記中央職業紹介所(ZAV)のインフォメーション・センターに直接問い合わせることができます。卒業資格の認定、就職の可能性、社会保険といった一般的な情報や質問などについては、ZAVのホームページ及びEURESのポータルサイト(いずれも英語版あり)をご参照ください。

ZAV

EURES

ドイツで学び、働く