ドイツ税関での諸注意

写真1

入国時の税関審査

ドイツの税関は、ATAカルネを使用する場合も含め、税関申告義務のある物品(物品サンプル、放送用機材などの高価なカメラ、ノー トパソコン、高価な楽器等)を、フランクフルト空港や他のドイツの空港を経由してシェンゲン協定域内へ輸入するにあたり、下記の手続方法を遵守するようお願いし ています。

Müller-Thurgau

ドイツに持ち込み可能な免税範囲

EU加盟国以外の第三国からドイツに直接入国する際に持ち込む物品について、免税の範囲は以下の通り。第三国からEU加盟国に入国した後引き続きドイツに入国する際には、最初に入国するEU加盟国の規定に従ってください。

Ausfuhrbescheinigung

輸出・購入者証明書の交付(免税手続きについて)

EU圏外に在住する方がEU圏内で物品を購入した際、支払った付加価値税は還付の対象となります。(免税手続きに対応する小売店で購入した場合のみ。宿泊・飲食などのサービスにかかった付加価値税は還付の対象外です。) 輸出・購入者証明書の交付は本来、EU加盟国の税関の業務です。 大使館および総領事館では、国境の税関での検査が不可能だった正当な理由がある場合にのみ、この証明書を例外的に交付します。

Euro

現金の持ち込み・持ち出し

欧州規制(EC) No.1889/2005に従い、2007年6月15日から、現金€10,000以上を携帯してEU域に入る方、及びEU域から出る方全員に、税関への所 得額申請が義務付けられました。

Reise

ドイツへの郵便物

郵便物の検査はかなり簡略化されましたが、全ての物品を輸入および輸出できるという訳ではありません。 物によっては輸入および輸出が制限されていたり、特別な許可が必要です。 また輸入も輸出も一切禁止されている物もあります。

Reisehinweise

ドイツへの犬、猫などの持ち込みについて

ド イツに直接入国し、ドイツ国内に留まる場合には、狂犬病予防接種の証明とマイクロチップの装着の証明が必要となりますが、 第三国を経由してドイツに入国する際(トランジットを除く)には、経由される国の規則を確認される必要があります。 またドイツに引き続きアイルランド、フィンランド、イギリス、マルタに持ち込 む場合には、ノミの駆除、及びエキノコックスの駆除の証明も必要となります。

ドイツ税関での諸注意

東日本の方はこちら

新潟県、長野県、静岡県以東の各県にお住まいの方は、大使館領事部で各種手続きを行ってください。

西日本の方はこちら

富山県、岐阜県、愛知県以西の各県にお住まいの方は、総領事館法務領事部で各種手続きを行ってください。