ビザ情報システム(Visa Information System、VIS)

VIS - Visa Information System 画像を拡大 (© EU Komission)

シェンゲン協定加盟国のビザ情報システム(VIS)は20111011日に北アフリカで運用が開始されました。2012510日には中近東、2012102日にはさらに湾岸諸国でシステムの運用が始まりました。

VISはシェンゲン協定加盟国間でビザ情報を共有するためのシステムです。ビザ申請手続きを簡略化し、シェンゲン協定加盟国への入国審査を緩和し、加盟国ならびに申請者自身にとっての保安強化をすることがこのシステム導入の主な目的です。

VIS実施のために、シェンゲン圏内の在外公館と国境警備所はVIS中央データベースと接続されます。VISは世界の様々な地域で順次運用が開始されます。

VIS運用開始に伴い、ビザ申請手続きにはいくつかの変更点が生じます:ビザを申請する人は生体認証データ採取のために在外公館を訪れなくてはなりません。その際、10本の指の指紋と顔写真のデータを取り込みます。シェンゲン加盟国への入国時には、国境を管轄する当局はVISにアクセスすることで旅行者の身元を確認することができます。

より詳細な情報は欧州委員会のHPをご参照ください。

http://ec.europa.eu/vis EU公用語のみ)

ビザ情報システム(VIS)

VIS - Visa Information System

申請予約システム

Terminvergabe

大使館・総領事館で様々な証明書類を申請する場合、ビザを申請する場合、事前に予約システムにアクセスし、ご自分で申請を登録する必要があります。
総領事館でも2015年10月1日以降の手続きについては予約が必要です。

東日本の方はこちら

新潟県、長野県、静岡県以東の各県にお住まいの方は、大使館領事部で各種手続きを行ってください。

西日本の方はこちら

富山県、岐阜県、愛知県以西の各県にお住まいの方は、総領事館法務領事部で各種手続きを行ってください。