シェンゲン・ビザ(短期訪問ビザ)

Schengener Staaten 画像を拡大 (© wikimedia commons, GNU Free Documentation License)

新潟県、長野県、静岡県以東の各都道県にお住まいの方は大使館で、富山県、岐阜県、愛知県以西の各府県にお住まいの方は総領事館で手続きを行ってください。

シェンゲン・ビザは、下記シェンゲン協定加盟国すべてに有効です。オー ストリア、ベルギー、デンマーク、チェコ、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリ ア、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、 スイスです。

協定国の一つの大使館及び総領事館で発給されたビザを所有すれば、短期での観光、出張、訪問(最長6ヵ月間に90日)を目的としてすべての加盟国への自由な移動が認められます。

シェ ンゲン協定加盟国の一つを訪問する場合は訪問国の大使館/総領事館で申請しなければなりません。複数のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合は、主たる滞在国の大使館/総領事館で申請を行う必要があります。主たる滞在国がない場合は、最初に訪れる国の大使館/総領事館で申請しなければなりません。

ビザが必要な方

申請される方の国籍により入国のビザが必要な場合が有ります。多くの方々は90日以内観光でのビザは不要です。ビザが必要となる国であるか否か下記「ビザ申請国別リスト」で確認し、必要である場合、申請を行ってください。


ビザ申請国別リスト

Arbeit

シェンゲン・ビザ-商用

商用・学会への出席のためドイツへ渡航される方はこちらをご覧ください。

Dresdener Neumarkt mit Frauenkirche

シェンゲン・ビザ-観光

ドイツに観光旅行に行く計画をお持ちの方はこちらをご覧ください。

Familie_3

シェンゲン・ビザ-親戚、知人、友人等の訪問

ドイツにいる友人やご家族を訪問予定の方はこちらをご覧ください。

Familie am Flughafen

ドイツの空港でのトランジット

空港トランジット・ビザは、国際線トランジット・エリア内での短時間の滞在だけを認めるものであり、同エリアを出ることも宿泊することもできません。 手荷物の受け取りや再チェックインが必要かどうかは、搭乗の航空会社に確認してください。そのような場合、ドイツへの入国が必要になり、 観光ビザが必要になります。

シェンゲン・ビザ(短期訪問ビザ)

Antragsformular Schengenvisum

申請予約システム

Terminvergabe

大使館・総領事館で様々な証明書類を申請する場合、ビザを申請する場合、事前に予約システムにアクセスし、ご自分で申請を登録する必要があります。
総領事館でも2015年10月1日以降の手続きについては予約が必要です。

台湾籍の方へ

ID番号の記入された有効な台湾パスポートの所持者は、2011年1月11日よりシェンゲン協定加盟国に査証なしで入国ができるようになります。ただし、観光や商用目的での入国に限られ、就労はできません。また、無査証での滞在期間は6ヶ月の間に最大90日間です。

東日本の方はこちら

新潟県、長野県、静岡県以東の各県にお住まいの方は、大使館領事部で各種手続きを行ってください。

西日本の方はこちら

富山県、岐阜県、愛知県以西の各県にお住まいの方は、総領事館法務領事部で各種手続きを行ってください。

ビザ情報システム(VIS)

VIS - Visa Information System

VIS運用開始に伴い、ビザ申請手続きにはいくつかの変更点が生じます:ビザを申請する人は生体認証データ採取のために在外公館を訪れなくてはなりません。その際、10本の指の指紋と顔写真のデータを取り込みます。