ドイツ人配偶者との滞在ビザ

はじめに

日本、韓国、オーストラリア、カナダ、イスラエル、ニュージーランド、スイス、米国、EU加盟国の国籍を有する人は、ビザ無しでドイツに入国した後 に滞在許可を申請することができます。(上記以外の国籍を有する人は、入国前に在東京ドイツ大使館/在大阪ドイツ総領事館で滞在許可を申請し取得する必要があります。)

日本国籍者の方は、詳細については下記をご参照ください。

日本国籍を有する方の長期滞在許可に関するご案内 [pdf, 1,058.09k]

社会への適応促進の観点から、EU非加盟国の人がドイツ人の配偶者としてドイツに移り住む目的でビザを申請する場合、その申請時に基礎的なドイツ語能力があることを証明しなくてはなりません。

ビザ申請時のドイツ語能力試験 [pdf, 135.69k]

申請方法・必要書類

申請書は本人が直接提出しなくてはなりません。必要書類がすべて提出された後、申請書類はドイツでの居住予定地を担当する外国人局に送付されます。申請の 処理には1~3ヶ月程かかります。申請が外国人局によって許可された後、大使館/総領事館はビザの形で滞在許可を発給します。滞在許可を受けた人は入国後速やかに外 国人局に登録しなくてはなりません。最終的な滞在許可は入国後ドイツで発給されます。

必要書類
1
すべての項目に遺漏なく記入した申請書(Web版申請書1部と長期ビザ申請書2部)と誓約書
2
パスポート用写真2枚(その規定については下記「ビザ用写真例」をご参照ください)
3
有効なパスポートとコピー2部
4
日本国籍者でない場合
日本の在留カードの原本とコピー1部
5
アポスティーユ添付の婚姻証明書原本または認証されたコピー及びそのドイツ語訳
日本で結婚した場合、アポスティーユと翻訳事務所の詳しい情報については右記をご参照ください。
6
ドイツもしくはEUのパスポート、あるいはドイツの滞在許可を所有している配偶者のパスポート原本または認証されたコピー
7
ドイツ語能力の証明
8
ビザ発給手数料はかかりません

注意事項:上記以外に追加書類の提出を求められることがあります。

ドイツ人配偶者との滞在ビザ

Muster eines elektronischen Aufenthaltstitels (Aufenthaltserlaubnis) in Deutschland

申請予約システム

Terminvergabe

大使館・総領事館で様々な証明書類を申請する場合、ビザを申請する場合、事前に予約システムにアクセスし、ご自分で申請を登録する必要があります。
総領事館でも2015年10月1日以降の手続きについては予約が必要です。

東日本の方はこちら

新潟県、長野県、静岡県以東の各県にお住まいの方は、大使館領事部で各種手続きを行ってください。

西日本の方はこちら

富山県、岐阜県、愛知県以西の各県にお住まいの方は、総領事館法務領事部で各種手続きを行ってください。

ビザ情報システム(VIS)

VIS - Visa Information System

VIS運用開始に伴い、ビザ申請手続きにはいくつかの変更点が生じます:ビザを申請する人は生体認証データ採取のために在外公館を訪れなくてはなりません。その際、10本の指の指紋と顔写真のデータを取り込みます。