ビザ

このサイトは、あなたがビザをとる必要があるかどうかを確認し、ビザ申請手続きの手引となるものです。また、関連の申請書フォームを無料でダウンロードすることもできます。

有効な日本国パスポートを所持する日本人は、空港トランジット、(90日以内の)観光または出張に際して、ビザの必要はありません。

(注)ビザの申請は、出国日より3ヶ月以上前に申請をすることはできません。

但し、2013年8月1日より、日本国籍を含むすべての国籍の方はドイツを含むシェンゲン協定国を出国する日より3ヶ月以上パスポートの残存期間が必要となりましたので、ご注意ください。

新潟県、長野県、静岡県以東の各都道県にお住まいの方は大使館で、富山県、岐阜県、愛知県以西の各府県にお住まいの方は総領事館で手続きを行ってください。

Muster eines elektronischen Aufenthaltstitels (Aufenthaltserlaubnis) in Deutschland

長期滞在ビザ

90日を超えてドイツに滞在したい場合には、滞在許可を取得する必要があります。

Schengener Staaten

シェンゲン・ビザ(短期訪問ビザ)

シェンゲン・ビザは、シェンゲン協定加盟国(オーストリア、ベルギー、デンマーク、チェコ、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリ シャ、ハンガリー、アイスランド、イタリ ア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、 スイス)すべてに有効です。協定国の一つの大使館及び総領事館で発給されたビザを所有すれば、短期での観光、出張、訪問(最長6ヶ月間に90日)を目的と して、すべての加盟国への自由な移動が認められます。

ビザ

VIS - Visa Information System

申請予約システム

Terminvergabe

大使館・総領事館で様々な証明書類を申請する場合、ビザを申請する場合、事前に予約システムにアクセスし、ご自分で申請を登録する必要があります。
総領事館でも2015年10月1日以降の手続きについては予約が必要です。

ビザ情報システム(VIS)

VIS - Visa Information System

VIS運用開始に伴い、ビザ申請手続きにはいくつかの変更点が生じます:ビザを申請する人は生体認証データ採取のために在外公館を訪れなくてはなりません。その際、10本の指の指紋と顔写真のデータを取り込みます。

東日本の方はこちら

新潟県、長野県、静岡県以東の各県にお住まいの方は、大使館領事部で各種手続きを行ってください。

西日本の方はこちら

富山県、岐阜県、愛知県以西の各県にお住まいの方は、総領事館法務領事部で各種手続きを行ってください。