ドイツ連邦銀行駐日代表事務所 開設30周年

v. l. Bundesbank-Vorstandsmitglied Andreas Dombret, der japanische Notenbank-Gouverneur Haruhiko Kuroda und Gudrun Monika Moede, Leiterin der Repräsentanz 画像を拡大 (© Bundesbank Tokyo)  

ドイツ連邦銀行は今年、駐日代表事務所を開設して30周年を迎えます。522日、日本銀行黒田総裁ほか来賓を招き記念レセプションが開催されました。ドイツ連邦銀行のアンドレアス・ドンブレット理事は日本政府と日本銀行に対し、両国の信頼に基づく協力関係と駐日代表事務所に対する支援に感謝しました。黒田総裁もスピーチで、両国中央銀行間で緊密に連携することの意義を強調されました。

ドンブレット理事は来日中、さらに金融業界の代表者と面談を持ったほか、523日の東京大学公開セミナー「ヨーロッパにおける選挙期 : 経済回復への試み」では、基調講演を行いました。

ドンブレット理事 スピーチ 於 記念レセプション 5月22日

ドンブレット理事 基調講演 於 東京大学公開セミナー 5月23日

ドイツ連邦銀行駐日代表事務所 開設30周年

Prüfung eines Motorblocks

New online portal launched for the High-Tech Strategy

Bildungspartnerschaft Afrika

The German Government’s 2020 High-Tech Strategy unites the various strands of the Government’s activities in research and innovation