ザクセン=アンハルト州

Burg Falkenstein 画像を拡大 (© dpa-picture alliance)

エルベ川とザーレ川が流れるザクセン=アンハルト州は、ドイツ史の中核をなす地であり、エルベ川東側のキリスト教化は、マグデブルクから始まった。この地域は10世紀、11世紀には、キリスト教世界の中心地で、マルティン・ルターが教鞭をとったヴィッテンベルク大学は、宗教改革の出発点となった。

ザクセン=アンハルト州の景観は、エルベ河畔の広大な氾濫原と、北ドイツ低地から標高1100メートルまで伸びる、ハルツ山地によって形成されている。ハルツ山地の南東部には、多くの城を擁するザーレ・ウンストルート地域の、絵の様な景観が広がる。この北部には、肥沃なマクデブルグ平野と、アルトマルクの美しいヒースの草原がつづく。 

Barockschloß Neu-Augustusburg in Weißenfels 画像を拡大 (© dpa-picture alliance)

この州の経済は、初期の工業化時代の影響が色濃く残っている。成長する資源産業や化学工業のベースとなったのは、豊富な鉱業資源だった。産業の発展に必要な、旺盛なエネルギー需要を満たしたのは褐炭だった。今日でも、化学、重工業、プラント、エンジン、鉄鋼、軽金属、鉄道車両などが、州の主要産業となっている。この他に、優れたイノベーション力のある環境産業、非常に高い競争力を持つ農業・食品産業が発達してきた。製造業、サービス業分野の多くの中規模企業と共に、これらの産業は州の新しい経済構造を形づくっている。

連邦参議院の厚意により掲載 ( 20109) 

ザクセン=アンハルト州
Sachsen-Anhalt
州都
マグデブルク / Magdeburg
人口
224万人
面積
20,452km2
州内総生産
562億ユーロ

州のHP

(2016年7月現在)

ザクセン=アンハルト州

ザクセン=アンハルト州

ドイツ地図

Blick auf die nächtliche Skyline in Frankfurt am Main

 ドイツはヨーロッパの中央に位置し、デンマーク、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、フランス、スイス、オーストリア、チェコ共和国、ポーランドと国境を接しています。