バイエルン州

画像を拡大

バイエルン州の人々の強固なアイデンティティーは、バイエルンの1000年以上にわたる歴史に根ざしている。今日バイエルン州は、方言、風俗習慣、生活する人の感覚の観点から、3つの地方に分かれている。州の南部・東部のアルトバイエルン、北部と北東部のフランケン、南西部のシュヴァーベンである。

 

このような違いによって、州都ミュンヘンだけでなく全ての地域に、豊かな文化的多様性が生まれた。以前は農業を主体としていたバイエルン州は、現在でもドイツの中で最も人気のある観光地である。

Frauenkirche in München 画像を拡大 (© picture-alliance/ dpa)

一方では、高度に産業が発達したミュンヘンおよびその周辺や、ニュルンベルク=エアランゲン=フルトなどの近代的な経済構造も、現在のバイエルン州の特色である。これを支えているのが、様々な産業分野の強力な中規模企業群や、未来志向の技術(特に航空宇宙技術)である。7533㎡のバイエルン州は、ドイツ最大の州である。

連邦参議院の厚意により掲載 ( 20109) 

バイエルン州
Bayern
州都
ミュンヘン / München
人口
1,269万人
面積
70,550km2
州内総生産
5492億ユーロ

州のHP

(2016年7月現在)

バイエルン州

バイエルン州

ドイツ地図

Blick auf die nächtliche Skyline in Frankfurt am Main

 ドイツはヨーロッパの中央に位置し、デンマーク、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、フランス、スイス、オーストリア、チェコ共和国、ポーランドと国境を接しています。