総領事館の活動

ここでは、西日本各地での講演活動や、学生の訪問グループの受け入れ、当館主催のイベントの一部を御紹介しています。

Tag der offenen Tür オープン・デー

"Tag der offenen Tür"- オープン・デー(2017年9月18日)

9月18日(月・祝)、ドイツ総領事館は中高生を対象に"Tag der offenen Tür"- オープン・デーを開催、関西各地の中学校・高校より参加した30人を超える学生が参加しました。

Studienwerk NRW besucht das Generalkonsulat

NRW育英会の総領事館訪問(2017年9月1日)

ノルトライン・ヴェストファーレン州の独日文化交流育英会の一行が滞日学習プログラムの一環として総領事館を訪問しました。

Judo-U18-Nationalmannschaft im Trainingslager in Tokushima

柔道競技 ドイツU-18代表チームが鳴門で合宿 (2017年8月30日)

8月18日から30日にかけて柔道競技 ドイツU-18代表チームが鳴門で強化合宿を行いました。

Besuch in der Hafenstadt Maizuru

舞鶴港(2017年8月28日)

シュヴァイツァ経済担当上級専門官は京都府北部の港湾都市舞鶴を訪れ、国際コンテナターミナルの動向について情報収集しました。

Gedenken an die Schließung des Kriegsgefangenenlagers Marugame

丸亀の旧捕虜収容所で慰霊(2017年8月25日)

フリードリッヒ・ラーン副総領事は香川県丸亀市を訪れ、1917年に閉鎖した捕虜収容所を偲ぶ催しに参加しました。

Vortrag beim International Business Salon

海外ビジネスサロンで講演(2017年8月9日)

大阪のイノベーションセンター「ナレッジキャピタル」の定期イベントでシュヴァイツァ経済担当上級専門官が講演

ケーラー総領事の関経連新会長訪問

ケーラー総領事の関経連新会長訪問(2017年7月7日)

関西経済連合会会長に新たに就任された松本正義氏との最初の会談では、主に日独二国間経済関係について話し合われました。

Frühsommerkonzert des deutschen Generalkonsulates

初夏の弦楽三重奏と交流の夕べ(2017年6月15日)

6月15日、ドイツ総領事館は神戸日独協会と共に、尼崎市にて、マーカス・プラッチ(ヴァイオリン)、ブルクハルト・マイス(ヴィオラ)、谷口賢記(チェロ)で構成される弦楽三重奏のコンサートを開催しました。

Generalkonsul Dr. Köhler besucht den Gouverneur Kagawa

香川県訪問(2017年6月4日-5日)

高松市で開催された香川日独協会の総会に続いて、ケーラー総領事はドイツとヨーロッパの最新の政治情勢について講演しました。

総領事館の活動

総領事館訪問

スクデット・フットボールクラブ /奈良のドイツ遠征チーム

総領事館訪問では、総領事館の役割や仕事内容を知っていただくとともに、ドイツについて、またドイツと日本の関係についてもご紹介しています。総領事館訪問は、ドイツに関心・興味のある日本の中高生や大学生の方々を対象としています。

講 演

講演「ドイツのエネルギー政策」(尼崎中央公民館にて)

総領事館では、政治・文化など様々なテーマでドイツについて講演を行っています。ドイツのエネルギー政策や、2011年に日独交流150周年を迎えた両国関係、ドイツとEUについてなどです。

2016年の活動