大使と各担当部署

駐日ドイツ連邦共和国大使

ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン (Dr. Hans Carl von Werthern)

大使は、連邦大統領の代理として派遣され、接受国においてドイツ連邦共和国を公的に代表する最高位の立場にあります。接受国でドイツの利益を代表する大使館の長として、その業務を統括しています。

その主たる任務は、あらゆる分野における日独関係の増進・拡充であり、その一環として日本の政府・国会関係者や経済、学術、メディア、文化等各界を代表する人々との密接な交流を図っています。

さらに、ドイツ企業の活動やドイツ関連文化行事に対する支援、日独間の問題や国際問題についての日本政府との調整、ドイツの要人の訪日にあたっての準備や実施支援等が重要な任務として挙げられます。

大使不在時は、シュテファン・グラープヘア公使がその代理を務めます。

政務部

政務部には、政務、儀典、法務領事、労働社会政策担当の各課があります。

政務部長はシュテファン・グラープヘア(Dr.Stephan Grabherr)公使です。

経済部

経済部には、経済課をはじめ、財務、農林、環境、科学技術を担当する各課があります。 経済部長は、シュテファン・メープス(Stefan Möbs)公使です。

広報文化部

広報文化部には、文化と広報担当の各課があります。 広報文化部長はローベルト・フォン・リムシャ(Robert von Rimscha)公使です。

武官室

武官室は日本の防衛・軍事政策に関してドイツ政府に報告すると共に、この分野に関して駐日大使を補佐しています。 さらには、日本の自衛隊や在京の各国駐在武官と緊密に連絡を取り合っています。

陸軍大佐 マティアス・ライボルト (Matthias Reibold)

曹長 マグヌス・バンベルガー(Magnus Bamberger)

連邦国防省ホームページ

Beate von der Osten

通訳・翻訳課

通訳・翻訳課は、通訳・翻訳のほか日本語資料の分析・要約を通じ、大使館内のあらゆる部署をサポートしています。

通訳・翻訳課長はベアーテ・フォン・デア・オステン(Beate von der Osten)です。

総務課

総務課は大使館内における組織運営と業務遂行に関することを担当しています。

総務課長は、ヴェルナー・ミュンツ(Werner Münz)です。

大使と各担当部署

2017年 大使館休館日

2017年

1月 1日(日) 元旦
 1月 9日(月) 成人の日(日本の祝日)
 4月 14日(金) 聖金曜日
 4月 17日(月) イースター
 5月 1日(月) メーデー
 5月 25日(木) キリスト昇天祭
 6月 5日(月) 聖霊降臨祭
 7月17日(月) 海の日(日本の祝日)
10月 3日(火) ドイツ統一記念日
10月 9日(月) 体育の日(日本の祝日)
10月31日(火) 宗教改革記念日
12月24日(日) クリスマス・イブ
12月25日(月) 第1クリスマス
12月26日(火) 第2クリスマス
12月31日(日) 大晦日

問い合わせ

大使館・総領事館へのご意見・ご質問等は、下記のフォームからメールをご送信下さい。

ドイツ大使館の建物と庭園

ドイツ大使館事務棟や大使公邸、また公邸の美しい日本庭園は、日独両国の緊密な関係を映し出しています。