輸出・購入者証明書の交付(免税手続きについて)

はじめに

EU圏外に在住する方がEU圏内で物品を購入した際、支払った付加価値税は還付の対象となります。(免税手続きに対応する小売店で購入した場合のみ。宿泊・飲食などのサービスにかかった付加価値税は還付の対象外です。)
輸出・購入者証明書の交付は本来、EU加盟国の税関の業務です。
大使館および総領事館では、国境の税関での検査が不可能だった正当な理由がある場合にのみ、この証明書を例外的に交付します。
輸出・購入者証明書の発行には一通につき25ユーロ相当(支払は日本円)の手数料が必要です。

対象

大使館および総領事館による証明の前提条件は、以下の通りです。

    * 購入者が、品物の購入時点で日本に居住していること

      以下の書類をご提示ください。

      1)パスポート

     2)住所の証明

     日本国籍の場合、住民票または運転免許証など、現住所を証明できる書類

      外国籍の場合、日本の在留カード

      以前にEU圏内に在住されていた方の場合、上記に加えてEU圏内の最終居住地の住民登録抹消証明

    * 品物を購入から3ヶ月以内に日本に輸出していること

     出国日がパスポートで確認できない場合、飛行機のチケットなどその他の書類も提示を求めることがあります。

    * 品物はドイツ国内で購入したものであること

      購入した品物は未使用未開封のまま、購入時の状態で大使館もしくは総領事館に提示しなければなりません。

手続き

必要書類:

  • パスポートおよび上記の証明書類
  • 購入した品物
  • 免税書類と領収書
  • 手数料:25ユーロ相当(支払は日本円。輸出・購入者証明書発行一通につき)

を持参の上、領事部受付時間中に窓口へお越し下さい。手続きは代理の方でも行えます。郵送での手続きはできません。

証明を受け取った後は、販売店もしくはGlobal Blue(Global Refund)にご自身で書類を送付してください。
大使館および総領事館での税金還付はありません。
ドイツ税関:非商業的旅客交通における輸出の売上税免税について(英語)

免税手続き

東日本の方はこちら

新潟県、長野県、静岡県以東の各県にお住まいの方は、大使館領事部で各種手続きを行ってください。

西日本の方はこちら

富山県、岐阜県、愛知県以西の各県にお住まいの方は、総領事館法務領事部で各種手続きを行ってください。