認証翻訳

はじめに

ドイツで公的な翻訳として認められるものとして、認証翻訳(beglaubigte Übersetzung)があります。ドイツの大学や戸籍役場(Standesamt)などでは、認証翻訳の提出を求められることが多くあります(認証翻訳である必要があるかどうかは、ご自身で書類提出先にお確かめ下さい)。

書類に認証翻訳を添付した後ではアポスティーユの取得はできませんのでご注意ください。ドイツで提出する際にアポスティーユが必要な場合は、翻訳前に取得してください。

アポスティーユについて
ドイツ大使館・総領事館では、原則として翻訳業務を請負っておりません。ただし、ドイツの運転免許証およびドイツの婚姻要件具備証明書の翻訳のみ、ドイツ大使館・総領事館でも作成ができます。詳細は以下のページでご確認ください。

運転免許証について

ドイツの婚姻要件具備証明書について(日本での結婚)

日本に限らず、ドイツ、その他の国に在住するドイツの公認翻訳士を、下記のデータバンクで検索することが可能です。

州司法行政庁 公認翻訳士データバンク(英語・ドイツ語)

http://www.justiz-dolmetscher.de


認証翻訳の作成方法 

認証翻訳を作成する場合、1.書類の翻訳、2.翻訳の認証、の二段階の手続きが必要となります。

1.翻訳手続き

大使館または総領事館が認定している翻訳事務所に翻訳を依頼してください。翻訳料金・納期など、翻訳についての詳細は直接各事務所にお問い合わせください。

翻訳事務所リスト

2.翻訳認証手続き

翻訳者によって、大使館・総領事館での認証手続きが必要な場合と不要な場合があります。ドイツ国内の翻訳士資格を有する翻訳者の場合、翻訳を自ら認証することができるため、大使館・総領事館での手続きは必要ありません。

大使館・総領事館で認証手続きを受ける場合は、上記で翻訳済みの書類(原本に翻訳を添付したもの)および25€相当(支払は日本円)の手数料を窓口へご持参ください。

なお、大使館・総領事館での翻訳認証は、「日本語からドイツ語へ」の翻訳にのみ付与されます。英語からドイツ語、ドイツ語から英語など、その他の言語の翻訳には付与されませんのでご注意ください。例外的な場合には、ドイツ語から日本語への翻訳も認証します。


郵送での翻訳認証手続き(総領事館のみ)

総領事館では、翻訳の認証手続きを郵送でも受け付けています。総領事館で手続きできるのは総領事館管轄内の翻訳者のみですのでご注意ください。
以下のものを現金書留でお送りください。できあがったものは宅急便の着払いで返送します。

必要なもの

  • 上 記で翻訳済みの書類(原本に翻訳を添付したもの)
  • 認証手数料(25€相当を日本円でお支払いください。最新の料金は電話・メールにてお問い合わせください)
  • 受取人の住所・氏名・電話番号を書いたメモ

認証翻訳

(c) colourbox

東日本の方はこちら

新潟県、長野県、静岡県以東の各県にお住まいの方は、大使館領事部で各種手続きを行ってください。

西日本の方はこちら

富山県、岐阜県、愛知県以西の各県にお住まいの方は、総領事館法務領事部で各種手続きを行ってください。

翻訳事務所リスト

翻訳料金・納期など、翻訳についての詳細は直接各事務所にお問い合わせください。