日本での結婚

はじめに

ドイツ人と日本人が結婚する場合の流れはおおよそ次のとおりです。

①必要書類の入手 → ②アポスティーユの取得 → ③翻訳・認証 → ④届け

ドイツで結婚する場合と日本で結婚する場合で、手続きは若干異なりますので、それぞれの項をご参照ください。

①必要書類の入手

必要書類
ドイツ人*

Geburtsurkunde(ドイツの出生証明書)
Ehefähigkeitszeugnis(ドイツの婚姻要件具備証明書)
日本人
戸籍謄本

*ドイツ人の方の必要書類についての詳細は、婚姻届を提出する日本の各市役所にお問い合わせ下さい。

ドイツの書類にアポスティーユが必要かどうかは、婚姻届を提出する日本の役所の指示に従ってください。アポスティーユが必要である場合は、ドイツで必要書類を申請する際にその旨を申し出てください。

 *ドイツの婚姻要件具備証明書を申請する際、結婚する二人のいずれかに ドイツ以外の国(日本を含む)での離婚歴がある場合には、外国における離婚の承認申請書(Antrag auf die Anerkennung der auslandischen Ehescheidung )の提出を求められる可能性があります。また、調停もしくは裁判で離婚が成立した場合には、判決文の提出を求められることがあります。提出書類については戸籍役場の指示に従ってください。

外国における離婚の承認 

場合によってはこの他にも書類の提出を求められることがあります。ドイツの婚姻要件具備証明書を申請する戸籍役場(Standesamt)であらかじめ提出書類を確認することをお勧めします。

②翻訳

ドイツ語の書類には日本語訳を添付してください。
自分で作成した翻訳でも認められるかどうかなど、翻訳に関しては、書類を受理する日本の役所の指示にしたがってください。

なお、ドイツの婚姻用件具備証明書の日本語訳のみ、ドイツ大使館・総領事館で作成することも可能です。

大使館・総領事館での翻訳に必要なもの

  • ドイツの婚姻用件具備証明書の原本
  • 手数料 (32.40ユーロ相当を日本円でお支払いください。最新の料金は電話・メールにてお問い合わせください)
  • ドイツ人の氏名のカタカナ表記、日本人の氏名・出生地の地名の漢字表記を書いたメモ

窓口にて原本を提出し、手数料をお支払いください。翻訳の作成には、2週間程度かかります。


郵送での翻訳手続き

郵送での翻訳手続きを受付けているのは総領事館のみです。東日本にお住まいの方は、ドイツ大使館窓口で手続きを行ってください。

総領事館での郵送翻訳手続きに必要なもの

  • ドイツの婚姻用件具備証明書の原本
  • 手数料 (32.40ユーロ相当を日本円でお支払いください。最新の料金は電話・メールにてお問い合わせください)
  • ドイツ人の氏名のカタカナ表記、日本人の氏名・出生地の地名の漢字表記を書いたメモ
  • 受取人の住所・氏名・電話番号を書いたメモ

上記を現金書留でお送りください。できあがったものは宅急便の着払いで返送します。翻訳の返送までには2-3週間かかります。


認証翻訳について

③届け

婚姻届に記入・署名・捺印し、日本語訳を添付した上記の書類とともに提出してください。
日本で婚姻届が受理されれば、その時点からその婚姻はドイツでも有効です。しかしドイツの戸籍役場に届け出ない限り、ドイツの婚姻登記簿には登録されません。
届出は大使館もしくは総領事館を通じて行うことができます。


ドイツの婚姻登記簿への登録について

日本での結婚

ehe_ring

申請予約システム

Terminvergabe

大使館・総領事館で様々な証明書類を申請する場合、ビザを申請する場合、事前に予約システムにアクセスし、ご自分で申請を登録する必要があります。

東日本の方はこちら

新潟県、長野県、静岡県以東の各県にお住まいの方は、大使館領事部で各種手続きを行ってください。

西日本の方はこちら

富山県、岐阜県、愛知県以西の各県にお住まいの方は、総領事館法務領事部で各種手続きを行ってください。

翻訳事務所リスト

翻訳料金・納期など、翻訳についての詳細は直接各事務所にお問い合わせください。