シェンゲン・ビザ-親戚、知人、友人等の訪問

はじめに

Schengener Staaten 画像を拡大 (© wikimedia commons, GNU Free Documentation License) シェンゲン・ビザは、下記シェンゲン協定加盟国すべてに有効です。

オー ストリア、ベルギー、デンマーク、チェコ、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、 スイスです。

協定国の一つの大使館及び総領事館で発給されたビザを所有すれば、短期での観光、出張、訪問(最長6ヵ月間に90日)を目的としてすべての加盟国への自由な移動が認められます。

ビザが必要な方

申請される方の国籍により入国のビザが必要な場合が有ります。多くの方々は90日以内観光でのビザは不要です。ビザが必要となる国であるか否か下記「ビザ申請国別リスト」で確認し、必要である場合、申請を行ってください。


ビザ申請国別リスト

申請場所

シェ ンゲン協定加盟国の一つを訪問する場合は訪問国の大使館/総領事館で申請しなければなりません。複数のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合は、主たる滞在国の大使館/総領事館で申請を行う必要があります。主たる滞在国がない場合は、最初に訪れる国の大使館/総領事館で申請しなければなりません。
新潟県、長野県、静岡県以東の各都道県にお住まいの方は大使館で、富山県、岐阜県、愛知県以西の各府県にお住まいの方は総領事館で手続きを行ってください。

所用日数

申請日数は2週間、それ以上長く掛かる事も考えられますので余裕を持って申請する必要があります。

ただし、申請は出発の3ヶ月前から受け付けます。それ以前は受け付けません。

申請方法・必要書類

申請は本人が出頭して行わなければなりません。
ビザ発給後、遠方の方で返送ご希望の方には、下記13番にしたがって、返信封筒をご持参ください。

必要書類
1
すべての項目に遺漏なく記入した申請書(web版申請書フォーム)1部と誓約書
2
パスポート用写真1枚 (その規定については右記「ビザ用写真例」をご参照ください)
3
有効なパスポートとコピー1部 (ビザ申請時点で、10年以内に発給されたものであること)
4
有効な日本の在留カード原本とコピー1部
5
日本国のビザ(ドイツから最終的に出国する日より 3 ヶ月以上 の有効期限が残っていること)
6
預金通帳(過去6ヶ月から最新の記載のあるもの)とコピ−1部
7
海外旅行用傷害・疾病保険に加入している証明書   原本とコピー1部  旅行保険の条件 [pdf, 264.16k]
8
以下のいずれか自分に該当するもの

-学生の場合:在学証明書(英文のもの)
-会社勤務の場合:在職証明書(英文のもの)
   入社年月日、具体的な職務内容、給与額、休暇の日数等の記載されたもの
-自営業の場合:それを証明するもの
   登記簿謄本、営業許可等並びに前年の税申告書コピ-
-主婦の場合:夫の在職証明書
-未成年者の場合:両親の承諾書
9
訪問先の親戚・知人・友人等からの招待状、
もしくはドイツ国内の滞在地の外人局(Ausländerbehörde)に出向き、保証書(Verpflichtungserklärung)を作成してもらう。
10
航空券又は予約の証明書 及びホテルの予約証明、英語または独語
11
英文日程表
12
ビザ発行手数料:60ユーロ(申請の際、レートに従い日本円でお支払いください。)
13

返送ご希望の方:

大使館での申請で、遠方の方(東北・北海道の方)の場合: 510円のレターパック

総領事館での申請で返送ご希望の方: A4サイズの返信封筒 着払い扱いで返送します。

シェンゲン・ビザ-親戚、知人、友人等の訪問

Antragsformular Schengenvisum

申請予約システム

Terminvergabe

大使館・総領事館で様々な証明書類を申請する場合、ビザを申請する場合、事前に予約システムにアクセスし、ご自分で申請を登録する必要があります。

台湾籍の方へ

ID番号の記入された有効な台湾パスポートの所持者は、2011年1月11日よりシェンゲン協定加盟国に査証なしで入国ができるようになります。ただし、観光や商用目的での入国に限られ、就労はできません。また、無査証での滞在期間は6ヶ月の間に最大90日間です。

東日本の方はこちら

新潟県、長野県、静岡県以東の各県にお住まいの方は、大使館領事部で各種手続きを行ってください。

西日本の方はこちら

富山県、岐阜県、愛知県以西の各県にお住まいの方は、総領事館法務領事部で各種手続きを行ってください。