ドイツの空港でのトランジット

はじめに

空港トランジット・ビザは、国際線トランジット・エリア内での短時間の滞在だけを認めるものであり、同エリアを出ることも宿泊することもできません。
手荷物の受け取りや再チェックインが必要かどうかは、搭乗の航空会社に確認してください。そのような場合、ドイツへの入国が必要になり、 観光ビザが必要になります。

新潟県、長野県、静岡県以東の各都道県にお住まいの方は大使館で、富山県、岐阜県、愛知県以西の各府県にお住まいの方は総領事館で手続きを行ってください。

空港トランジット・ビザは必要?

入国手続きの要件は、申請者の国籍並びに滞在資格によって異なります。下記の国籍の方は空港トランジット・ビザが必要となります。尚、例外規定により、下記の国籍を持つ人が有効な日本の再入国許可証を所持している場合は、空港トランジットビザを所持していなくても、シェンゲン条約加盟国の空港での通過が認められます。

  • アフガニスタン
  • バングラディッシュ
  • コンゴ共和国
  • エリトリア
  • エチオピア
  • ガーナ
  • インド
  • イラン
  • イラク
  • ヨルダン*
  • レバノン
  • マリ
  • ミャンマー
  • ナイジェリア
  • パキスタン
  • ソマリア
  • スリランカ
  • スーダン
  • 南スーダン
  • シリア
  • トルコ**

*ヨルダン国籍の方:オーストラリア、イスラエル、ニュージーランドのいずれかの有効なビザを所持し、なおかつこれらの国のいずれかを行き先とする 有効な搭乗券または航空券を所持していれば、空港トランジット・ビザが免除されます。ここに挙げた国のいずれかに合法的に滞在した後、ヨルダンへの帰国途 上にあり、ヨルダンまでの有効な搭乗券または航空券を所持している場合も、免除されます。乗り継ぎ便は、搭乗者がトランジット・エリア内で待っていたのと 同一の空港から、ドイツ到着後12時間以内に出発するものでなければなりません。

**トルコ国籍の方公用旅券など公的職務または公的旅行のために発給されたパスポートを所持している人は、空港トランジット・ビザが免除されます。

申請方法・必要書類

申請は本人が出頭して行わなければなりません。
ビザ発給後、返送ご希望の方には、下記13番にしたがって、返信封筒をご持参ください。

必要書類
1
すべての項目に遺漏なく記入した申請書(web版申請書フォーム)と誓約書
2
パスポート用写真1枚(その規定については詳細を参照)
3
有効なパスポートとコピー1部 (ビザ申請時点で、10年以内に発給されたものであること)
4
日本に戻る予定がある場合:有効な日本の在留カード及び再入国許可証の原本とコピー1部
5
最終目的地までの確認済み航空券原本とコピー1部
6
(必要な場合)最終目的地でのビザ原本とコピー1部
7
ビザ発給手数料:60ユーロ(申請の際、レートに従い日本円でお支払いください。)
8

返送ご希望の方:

大使館申請で遠方の方(東北・北海道)の場合:510円のレターパック

総領事館申請の方:A4サイズで丈夫な封筒  着払い扱いで返送します。

注意事項:上記以外に追加書類の提出を求められることがあります。

ドイツの空港でのトランジット

Antragsformular Schengenvisum

申請予約システム

Terminvergabe

大使館・総領事館で様々な証明書類を申請する場合、ビザを申請する場合、事前に予約システムにアクセスし、ご自分で申請を登録する必要があります。

台湾籍の方へ

ID番号の記入された有効な台湾パスポートの所持者は、2011年1月11日よりシェンゲン協定加盟国に査証なしで入国ができるようになります。ただし、観光や商用目的での入国に限られ、就労はできません。また、無査証での滞在期間は6ヶ月の間に最大90日間です。

東日本の方はこちら

新潟県、長野県、静岡県以東の各県にお住まいの方は、大使館領事部で各種手続きを行ってください。

西日本の方はこちら

富山県、岐阜県、愛知県以西の各県にお住まいの方は、総領事館法務領事部で各種手続きを行ってください。