総領事館訪問

鹿ノ台中学校 画像を拡大 (© GK) 総領事館訪問では、総領事館内を見学し、その役割や仕事内容を知っていただくとともに、ドイツについて、またドイツと日本の関係についてもご紹介し、日頃ドイツに対して抱いている疑問・質問にできる限りお応えする場を設けております。総領事館訪問は、ドイツに関心・興味のある日本の中高生や大学生の方々を対象としています。

グループ訪問をご希望の方は、下記の申し込み用紙を当館・広報宛てにFAXにてお送りください。なお、日程により御要望にお応えできない場合もございますので、予めご了承ください。
申込書 [pdf, 79.81k]

Besucher im Generalkonsslat 画像を拡大 (© GK Osaka-Kobe) 「ドイツについて知ろう」
中高生や大学生など若い世代の方々を対象に、豊富な写真や図を用いて今のドイツを紹介します。ドイツと日本を比較して、両国の類似点・相違点を知ることにより、ドイツについて接するいい機会となることでしょう。

講演「世界で学び、世界で働く」

講演「世界で学び、世界で働く」(2016年9月14日)

神戸大学経済学部のグループが総領事館を訪問、シュヴァイツァ経済担当上級専門官が「世界で学び、世界で働く」というテーマで講演を行いました。

ドイツへ研修旅行予定の四條畷高校生が総領事館を訪問

四條畷高等学校ドイツ研修旅行(2016年8月4日)

8月14日~20日にかけてドイツを訪問予定の四條畷高等学校の学生8名が総領事館を訪問し、多田広報担当官によるドイツに関する講演を聴きました。1時間に及ぶ講演に引き続きに、ドイツ文化センターのシュルツ研修生がドイツ語ミニレッスンをしました。

清風南海中学校・高校の領事館訪問

ドイツの移民・エネルギー政策についての講演 (2016年3月21日)

ヨーロッパの難民危機についての今後の政治的動向を知るために、清風南海中学校・高校の学生がドイツ総領事館を訪問。ロマン・クドゥス司法修習生が、学生にドイツとヨーロッパの政治的状況についての概略を説明しました。

総領事館訪問

総領事館訪問

スクデット・フットボールクラブ /奈良のドイツ遠征チーム

総領事館訪問では、総領事館の役割や仕事内容を知っていただくとともに、ドイツについて、またドイツと日本の関係についてもご紹介しています。総領事館訪問は、ドイツに関心・興味のある日本の中高生や大学生の方々を対象としています。

講 演

講演「ドイツのエネルギー政策」(尼崎中央公民館にて)

総領事館では、政治・文化など様々なテーマでドイツについて講演を行っています。ドイツのエネルギー政策や、2011年に日独交流150周年を迎えた両国関係、ドイツとEUについてなどです。

2016年の活動