ドイツ統一の日

大阪・神戸ドイツ総領事館は、ドイツ統一の日のレセプションを今年は神戸で開催しました。冒頭の挨拶でケーラー総領事は日独の緊密な関係を強調しました。その後の金澤兵庫県副知事の挨拶では具体的に、兵庫県とシュレスヴィヒ・ホルシュタイン州の関係が深まり、友好交流がすでに20周年を迎えることに触れられました。政治、経済、学術、文化、社会など、様々な分野で日独関係の発展にご尽力いただいている多くのゲストをお迎えすることが出来、総領事館職員一同、嬉しく思いました。さらにサッカーファンには、2014年サッカーワールドカップのドイツ代表メンバーで今はヴィッセル神戸に所属するルーカス・ボドルスキ氏と写真を撮る機会もありました。