"Tag der offenen Tür"- オープン・デー(2017年9月18日)

Tag der offenen Tür オープン・デー 画像を拡大 (© GK Osaka-Kobe)

 オープン・デー 画像を拡大 (© Tag der offenen Tür オープン・デー) 9月18日(月・祝)、ドイツ総領事館は中高生を対象に"Tag der offenen Tür"- オープン・デーを開催しました。
関西各地の中学校・高校より参加した30人を超える学生の中には、既にドイツ滞在経験がある人やドイツ語を学習している人など、様々な形でドイツとのつながりを持っている人が多く、ドイツに大きな関心を示していました。
学生たちはドイツ総領事館内を見学、総領事からの挨拶を受けた後、在外公館としてのドイツ総領事館の役割とドイツについてのレクチャーが行われました。
レクチャーでは、ドイツのパスポートの実物やユーロ紙幣の偽造防止技術も観察、ドイツ菓子として有名なバウムクーヘンを自分でカットし、試食を楽しみました。
ドイツ総領事館では、若い世代の日独交流を様々なチャンネルを通してサポートしています。

"Tag der offenen Tür"- オープン・デー

総領事館訪問

スクデット・フットボールクラブ /奈良のドイツ遠征チーム

総領事館訪問では、総領事館の役割や仕事内容を知っていただくとともに、ドイツについて、またドイツと日本の関係についてもご紹介しています。総領事館訪問は、ドイツに関心・興味のある日本の中高生や大学生の方々を対象としています。

講 演

講演「ドイツのエネルギー政策」(尼崎中央公民館にて)

総領事館では、政治・文化など様々なテーマでドイツについて講演を行っています。ドイツのエネルギー政策や、2011年に日独交流150周年を迎えた両国関係、ドイツとEUについてなどです。

2016年の活動