アウグスブルクの姉妹都市 – 長浜 (2016年12月10日)

アウグスブルクの姉妹都市 – 長浜 画像を拡大 (© GK Osaka-Kobe)

アウグスブルクの姉妹都市 – 長浜 画像を拡大 (© GK Osaka-Kobe) 1210日、ケーラー総領事は滋賀県長浜市の藤井勇治市長と会談しました。引き続き山岡記念財団主催の「親子で楽しむドイツ音楽 ― ヴァイオリンとピアノ デュオのひととき」(ヴァイオリン会田莉凡、ピアノ須関裕子)に出席した後、ヤンマーミュージアムを視察し、ヤンマー株式会社執行役員研究所長の川建氏とエネルギー・環境技術における最近の取り組みについて意見交換をしました。 アウグスブルクの姉妹都市 – 長浜 画像を拡大 (© GK Osaka-Kobe) 長浜と尼崎は50年以上前からアウグスブルクの姉妹都市ですが、このきっかけを作ったのがヤンマー株式会社の創設者、山岡孫吉氏です。山岡氏はルドルフ・ディーゼル氏を尊敬し、アウグスブルクのMAN社から日本における小型ディーゼル製造のライセンスを取得しました。ヤンマーミュージアムは山岡記念財団と共に長浜における文化的催しを支援しています。

アウグスブルクの姉妹都市 – 長浜 (2016年12月10日)

総領事館訪問

スクデット・フットボールクラブ /奈良のドイツ遠征チーム

総領事館訪問では、総領事館の役割や仕事内容を知っていただくとともに、ドイツについて、またドイツと日本の関係についてもご紹介しています。総領事館訪問は、ドイツに関心・興味のある日本の中高生や大学生の方々を対象としています。

講 演

講演「ドイツのエネルギー政策」(尼崎中央公民館にて)

総領事館では、政治・文化など様々なテーマでドイツについて講演を行っています。ドイツのエネルギー政策や、2011年に日独交流150周年を迎えた両国関係、ドイツとEUについてなどです。

2016年の活動