大阪で着任の挨拶(9月20日、21日)

大阪府の松井知事を訪問 画像を拡大 (© GK Osaka-Kobe)

ヴェルナー・ケーラー総領事は920日に松井一郎大阪府知事、21日に吉村洋文大阪市長と会談。知事、市長いずれも、日独関係の活性化と、府、市と交流のあるドイツ側のパートナーとの連携強化に大きな関心を寄せておられます。吉村市長からは、とりわけ友好関係にある自由ハンザ都市ハンブルクとの交流を重視する旨、指摘がありました。更に両首長は、経済の中心地、そして医薬、バイオなど最先端の研究拠点として大阪が重要な役割を果たしており、ドイツとの交流に大きな可能性がある点について言及されました。ケーラー総領事は、このような関係を更に強化すべく貢献したいと述べました。

吉村大阪市長を訪問 画像を拡大 (© GK Osaka-Kobe)

大阪で着任の挨拶

総領事館訪問

スクデット・フットボールクラブ /奈良のドイツ遠征チーム

総領事館訪問では、総領事館の役割や仕事内容を知っていただくとともに、ドイツについて、またドイツと日本の関係についてもご紹介しています。総領事館訪問は、ドイツに関心・興味のある日本の中高生や大学生の方々を対象としています。

講 演

講演「ドイツのエネルギー政策」(尼崎中央公民館にて)

総領事館では、政治・文化など様々なテーマでドイツについて講演を行っています。ドイツのエネルギー政策や、2011年に日独交流150周年を迎えた両国関係、ドイツとEUについてなどです。

2016年の活動