日独バイオテクノロジーシンポジウム (09.03.2016)

日独バイオテクノロジーシンポジウム 画像を拡大 (© Yumiko Maruyama, Japanese-German Graduate Externship Program )

日独バイオテクノロジーシンポジウム 画像を拡大 (© Yumiko Maruyama, Japanese-German Graduate Externship Program ) ヨハネス・シュヴァイツァー経済担当上級専門官は、日本学術振興会とドイツ研究振興協会が主催する、バイオテクノロジーと生化学についてのシンポジウムにて、大阪大学とアーヘン工科大学の約60名の出席者に向けて挨拶を述べました。このシンポジウムは毎年開催され、両校の素晴らしい関係と学生間の定期的な交流に基づいています。

日独バイオテクノロジーシンポジウム

総領事館訪問

スクデット・フットボールクラブ /奈良のドイツ遠征チーム

総領事館訪問では、総領事館の役割や仕事内容を知っていただくとともに、ドイツについて、またドイツと日本の関係についてもご紹介しています。総領事館訪問は、ドイツに関心・興味のある日本の中高生や大学生の方々を対象としています。

講 演

講演「ドイツのエネルギー政策」(尼崎中央公民館にて)

総領事館では、政治・文化など様々なテーマでドイツについて講演を行っています。ドイツのエネルギー政策や、2011年に日独交流150周年を迎えた両国関係、ドイツとEUについてなどです。

2016年の活動